--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッチョなGM SNIPERIIを製作しようと思い、
パワードジムをヘベースに製作を開始しました。

現在の状況は画像のとおりです。
HGUC_GMSNIPERII_001

HGUC_GMSNIPERII_002


もうけっこう進んでいたりしますw
今後はこの書庫でそれぞれの部位ごとの改修内容をUPしていこうと思っています。
スポンサーサイト
11/06/2007    [MG]GP02 脚部製作
脚部の製作
GP02_foot05


今回この脚部のすね部分にあわせて全体のバランスを整えたので
ある意味全体バランスの中心はここにあります。
足の長さを変えずにバランスを変更することに留意して製作しました。

【ふともも】
 ・フレームを3mm程度短く短縮、それに外装もあわせ3mm程度短縮
 ・股関節ポリキャップを1mm程度内側に設置、後方部分を思い切って削除

【ひざ部分】
 ・大きな変更はなくディティールUPのみ

【すね部分】
 ・足首の軸を2mm延長しすこし外側に真鍮線を使って接続、固定
 ・後方部分を開放してバーニアにするために内側にドムのバーニアを
  脱着できるように加工
 ・前面部アーマーの下部分をパテで大型化、フレームにボルト系ディティールUPパーツを
  使ったため、それをみえるように開口
 ・側面部アーマーの四角いパーツがいらないと判断、切り落としプラ板で
  裏打ちしてポリパテで埋める。せっかくのフレームが見えるように
  切り込みをいれたりスジボリをいれて間延びをふせぐ
  外側に補助装甲をプラ板で製作、脱着できるように加工
 ・後部アーマーを開けるようにボールジョイントを追加
  ポリパテで裏打ちをして削り込み、ディティールUP

【足部】 ・足首アーマーは全体的に2mm短縮、横に2mm増幅
 ・足は横部分と中央部分を分割
  中央部分をディティールUP、サイド部分を分割し内部をチラ見せ
  全体的にディティールUP

正直文面で説明しきれないことが多いので比較画像をUPしますので
そちらで確認していいただきたいと思います。

【比較画像(正面)】
GP02_foot01


【比較画像(側面)】
GP02_foot02


【比較画像(後面)】
GP02_04


【比較画像(足部)】
GP02_ancle01


【分解図】
GP02_foot03


【分解図(足部)】
GP02_ancle02

11/05/2007     [MG]GP02 腕部製作
腕部の製作
GP02_arm01


GP02の腕部は細くて、昔のMGということもありフレームがないので
MG 陸戦型ガンダムの上腕、前腕のフレームから製作。 

【肩関節部分】
 ・上腕との軸がイマイチ保持力が弱いと判断、2mmプラ棒で軸を変更

【上腕部分】
 ・今回はEVOLVE風を意識したのでプラ板などを使い改修
   後部は真鍮線で接続、脱着可能に。

【肘関節】
 ・肘関節部分はプラ板でディティールUP
 ・肘当て部分は陸戦型のは小さいのでそこにGP02の肘あてを接着
  マルイチモールドは市販品を接着

【前腕部】
 ・陸戦型のフレームにGP02の前腕部分をはめ込むカタチに変更
 ・フレームが短いため、プラ板をはさんでGP02の手首関節を接着。
  ここも強度保持のために真鍮線で接続
 ・GP02の前腕部分を横に2mm幅増し、奥行きを1mm延長しディティールUP
  そのままでは肘側から中が丸見えのためプラ板でそれらしく改修
 
【手部分】
 ・MG ガンダムmk IIの手を利用。親指付け根がジョイントが見えるので
 プラ板でそれらしく改修


わかりやすいように分解写真を掲載
GP02_arm04.jpg


【正面図の比較】
GP02_arm02


【背面図の比較】

GP02_arm03

11/02/2007    [MG]GP02 胴体製作
胴体部分の製作。

GP02_body_01


【フレーム】
 ・首関節を関節技のボールジョイントに変更。ディティールUP
 ・肩関節部分を上に2mmUP。強度UPのため真鍮線で補強
 ・腹部にボールジョイントで関節を追加。
   これにより猫背や胸をはることができるように改修。
 ・胸ダクト基部をプラ板で新造
 ・胸ダクトをプラパイプ、プラ板で新造

【胸部】
 ・中央部分で2mm幅増し。胸部サイド、下部をププラ板で新規製作
  それにあわせ内部にフレームと組み合わせしやすいようダボを作成
 ・胸中央部分はポリパテでボリュームUP
 ・肩口のパーツを一度切り落とし、上面部分をプラ板で新規作成、
  肩口パーツを際接着
 ・襟部分はプラ棒により新規作成
 ・コックピットは切断し、真鍮線で腹部側に接続できるように加工
   見えるところをモールドプラ板などでディティールUP
 
【腹部】
 ・胸部との接続部分で上に2mmUP、腹部との接続部分をいちど切断、
  2mm延長後、再接着
 ・腹部上側部分はプラ板で横に2mm幅増し、
   後方部分はポリパテでRをつけて幅増し
 ・腹部中央部分はモールドプラ板、ポリパテ、プラ板を使用し新規作成
 ・腹部下部サイドにプラ板で脱着可能な装甲を新規作成

【股関節】
 ・股関節前面を上下に分割、モールドのようにし、裏側をプラ板で補強
 ・股関節前面上の赤い部分をディティールUP
 ・股関節部分をプラ板、ジャンクパーツなどでディティールUP
 ・フロントアーマーを上下に切断し切り込み風に加工。中ににジャクパーツで
   ディティールUP。内側にプラ板で装甲を追加
 ・サイドアーマーに装甲を追加。ABS樹脂で軸を作ることで差し替え可能
 ・リアアーマーはプラ板で横に2mm、下に4mm大きくし形状も変更

そのほかにもいろいろ手を入れてるので、詳細は画像をみていただけると助かります。

ボディ02


ボディ03

ボディ04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。