--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【改修部分】


○頭部
21.jpeg

22.jpeg

アッガイで一番めだつ部分がここなので特に力をいれました。
・アタマのパーツが1枚板とは思えないので前後に分割、スリット状に加工
・サイド部分は2重装甲のようになっているがモノアイスリット部は加工されていなかったため
  0.2mmプラ板にて2重装甲に見えるように改修
・隠密行動がメインということでそれらしくアンテナを設置
(HIQPARTS様よりサンプルとしていただいたアンテナパーツを使用)
・モノアイを遠距離でもキャノンの精度をあげるという意味でツインアイに変更。
  (HIQPARTS様のSPプレートとHアイズ+ラピーテープを使用)
・くちばし部分が簡素だったためスジ彫りで多重装甲に見えるように改修
・頭部バルカンはメタルパーツの2重構造に変更
   (HIQPARTS様よりサンプルとしていただいたsuperemax製頭部バルカン専用パイプを2種類使用)



○胴体部
23.jpeg

24.jpeg

胴体がどこか愛嬌があるカタチであるとともに間延びした感ががあるのでディティールUPを心がけました。
・襟巻きの部分をライフジャケットを着てるイメージで改修
  (0.5mmプラ板を襟巻きのカタチに切り出しRをつけながら接着、2重装甲のように見えるようにそこに 
   0.2mmプラ板を貼り付け、モールドをエバーグリーンのプラ板とディティールUPパーツで追加)
・胴体前面中央部はモールドが甘いのでプラ板で作り直しそれだけでは寂しいため
 PGエールストライクのお腹中央部分を縱にプラ板を追加。
・ふともも付け根部分にカバーを追加
・すこし猫背な雰囲気をだしたいため背中部分をパテで幅まし
・胴体脇などは間を埋めるためにスジ彫りやプラ板でディティールUP


○腕部
26.jpeg

25.jpeg

せっかく内部フレームがあるのに活かせてない気がしたのでいかすようにディティールUPを心がけました。
・肩アーマーにスジ彫り追加
・上腕部は切り込み+プラ板貼りなどでデコレート、足してひくを心がける
・今回は関節もひとつ追加。ここも切り込み+プラ板貼りをいれてデコレート
・右前腕はハンドミサイルと爪を差し替え出来るように。またハンドミサイルを撃つときのために
 サイトスコープもどきをプラ角棒にスジ彫りをいれて加工、0.5mmプラ板にRをつけて貼り付けてデコレート
 もちろん爪はうすうすトゲトゲの方向でw
・ハンドミサイルカバーは差し替えで対応、ハイゴッグのものを使用したがそのままでは面白くないので
 後部を切り取ってさかさまにして貼り付け
・左前腕はバルカン砲を製作、こちらはジャンクパーツとプラ板でディティールUP
   (バルカン砲はアルミパイプとHIQPARTS様よりサンプルでいただいたSUPERMAX製バルカンを使用)


○脚部
27.jpeg

28.jpeg

15.jpg

イメージより全体的に流線型なカタチをしてるので角ばらそうかと思ったが、みなさんやりそうだったので
今回陸戦らしいイメージを前面に押し出すカタチにしようと心がけました。
・見えないが股関節付け根の稼働軸穴をふちにそってスジ彫り、プラ板貼り
・ふとももの外装パーツは使わずに陸戦らしさをアピール
  ポリ受け部はプラ角材で隙間をうめ、後部にプラ板を張りつけデコーレト
  それだけだはさびしいカンジなので太ももガードをプラ角棒、カラー針金、モビルパイプで作成
  横部分が貧弱に見えたのでプラ棒、プラ板などでディティールUP
・ふくらはぎも貧弱に見えたのでいかついカンジになるように加工
   前面にゴッグのひざあてを逆さに貼り付け、裏側はプラ角材、ジャンクパーツでそれらしくパーツを作成
   プラ板などでディティールUP
   サイドにはスジ彫りを追加。また外部分を一段掘り込んでそこにディティールUPパーツを貼り付け
   後部もプラ板などでデコレート
・足首はスコープドックみたくしたくて改修
   前面に0.5mm、0.2mmプラ板で2段階モールドの爪を作成
   サイド外側はプラ板とディティールUPパーツとスジ彫りでソレらしくデコレート
   サイド内側は元のパーツにプラ板ディティールUPパーツとスジ彫りでデコレート
   後面はなとなくさびしいカンジがしたのでプラ板とプラ棒でフック受けを作成

○バックパック
31.jpeg

32.jpeg


元々のバックパックが寂しかったので大型化、キャノン砲をつけれるように改修
・1/144 EZ-8についてたパラシュートパックを流用
・MGシャアザクについていたマゼラトップ砲を砲身を短く、回転できるように接続部にポリキャップを埋め込み
 プラ板などでデコレート
・キャノン部基部はMGシャアザクの足首部分を切断、これまたジャンクであったMGF2ザクの肩関節を流用し
 上下に可動できるように製作
・左側にエネルギーチューブを胴体に接続できるように加工
・バーニアはいつものダボ受けを利用
・その他プラ板やディティールUPパーツを利用してデコレート



ということでまたムダに元のパーツがほとんどないくらい改修しちゃてます。。。

29.jpg


30.jpg


【塗装】

○フレーム部分
・インテリアカラー(ガイア)をベタ塗り。
○グレー部分
・ニュートラルグレー(クレオス)+ブライトレッド(ガイア)(極少量)をベタ塗り。

○迷彩部分
・ニュートラルグレー+ハルレッド(極少量)をベタ塗り後、平行、直角にならないように適当にマスキングテープを貼り
 ドゥンケルグラウ(ガイア)をベタ塗り。

○ハンドミサイルカバー
・橙オレンジ(ガイア)+ピュアブラック(ガイア)

その後エナメルのレッドブラウン+フラットブラックでウォシングしデカール半ツヤクリアーでコーティング
ウエザリングマーカーなどで汚し、シルバー塗装しつや消しクリアーで仕上げました。

製作日記は旧ブログにて
http://blogs.yahoo.co.jp/airhead1228/folder/736894.html
スポンサーサイト
[HGUC] GUNDAM 完成しました。

21.jpg


g2.jpg

08/03/2007    [HGUC] GUNDAM 製作まとめ
g1.jpg

11.jpg

08.jpg

05.jpg

10.jpg

今回はプロポーションの改修、そしてスジボリなどのディティールUPを
1/144に行うための練習をテーマに行いました。

今回は大幅な改修は少ないですが
以下のような改修を行いました。

【工作編】

○頭部
・耳あて部分?!から後頭部にかけてパテによるボリュームUP
・フェイス部分の小顔化とあごをひいたかんじになるように接着
・目の部分は市販の緑のクリアパーツの裏にラピーテープを貼って接着。
・そのほかのセンサーはラピーテープに変更。
・バルカン部分をメタルパーツに変更

○胴体部
・胸部をボリュームUP
・胸部中央をプラ板で形状変更
・その他胸部はディティールUP
・肩接続部分をMGのような形状に変更
・胸ダクトはFGのガンダムのものを切り離し流用
・胸部サイドに『HIQPARTS』様からモニターとしていただいた
マイナスモールドオルタ1mm + メタルベゼルオルタ1mmを使用
・胴部は2mm延長
・胴部サイドをくりぬき、内側にディティールを追加
・胴部もプラ板などでディティールUP
・フンドシ部分をプラ板でディティールUP
・フンドシサイドにカトキ版のようなディティール追加
・各腰アーマーをスジボリ、プラ板によりディティールUP

○腕部
・肩をFGから流用。前後面にスジボリ追加、上部はプラ板でディティールUP、市販パーツでバーニアを追加
・上腕部はプラ板とスジボリによるディティールUP
・関節部分は細切りプラ板によるディティールUP
・前腕部もプラ板とスジボリによるディティールUP
・関節部を市販バーニアパーツでディティールUP
・指部分はプラ板とパテで新たに作成

○脚部
・ふとももを2mm延長、スジボリを追加
・膝関節を細切りプラ板でディティールUP
・ひざあて部分を一度切り離し再接着してディティールUP、裏側はモールドプラ板でディティールUP
・ふくらはぎをパテでボリュームアップ
・スネ部分を2mm延長
・足首ガード、足部もプラ板とスジボリでディティールUP

○バックパック
・FGのものを流用。
・バーニアは『HIQPARTS』のメカスカンク-Gスラスターを使用

○武器
・ジャンクパーツとプラ板などで完全オリジナル



【塗装編】

グレー部分:ガイアホワイト+ノーツフレッシュ

ブラウン部分;ダークアース+上で作ったグレー+ニュートラルグレーで調整

関節部分:メタルカラーのアイアン

武器:メタルカラーのダークアイアン

市販とオリジナルで作ったデカールを貼った後、つや消しでフィニッシュ



今回はあまり製作過程の画像がありませんでしたが
パチ組みと並べた画像でHPにも製作過程、ギャラリーをUP予定。

急いで作ってしまって
粗い作品に今回もなってしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。